ささやかな幸せを大事に

大晦日23時15分、ちかくのお店に買い物にでかけると
しんと静まった街の空気がとても新鮮で気持ちがよかった。
あとわずかで年を越えるという実感がやっとわいてきた。

昨年はほんとうにいろんなことがあった。

TAPを踊り続けてきた30数年の人生のなかでも、
驚くべきことがたくさんおきた。

帰り道に空をみあげると月が丸く光を放っていて
その月をみていたら心が静かな気持ちになり、
そしてたくさんの瞬間を振り返ると熱い気持ちになった。

新しい生命の誕生の瞬間や結婚式のこと
ずっと憧れてきたマイケルジャクソンが亡くなったのは結婚式の前の日だった。

新しい時間が流れている。
いままでの自分から、あらたな自分へ
新たな家族と共に。

『日と夜、季節、星、月、太陽。
その移ろいをみれば、ひとより偉大な何かの存在を思わずにはいられない』
というネイティブアメリカンの言葉のように

時と共に移りゆく人生の流れに感動しながら、
新しい家族、いままでお世話になった家族とともに
新年を迎える事ができた。 

たくさんの人達の支えにあらためて感謝を伝えたい。
スタジオのみんなやタップダンサー達、支えてくれるスタッフのみなさん、
アーティスト達へ、そしていつも観にきてくれるみなさまがた。
いつもありがとうございます。

今年もささやかな素晴らしい年にしましょう。
明けましておめでとうございます!
今年もよろしくおねがいします!
[PR]
by kazthehoofer77 | 2010-01-01 03:48
<< TAPPY NEW YEAR ... FREE TAP means ... >>